「これ以上安くできない」と思っている物を安く買うことで節約に成功^^

30代後半のシングルマザーです。

子どもと2人で暮らして早3年になりますが、離婚当初は、経済的にやっていけるかかなり不安でした。しかし、逆を返せば経済的な安定さえあればシングルマザーでも不安はなくなる、そういうことにもなりますからね(-_-)

自分のフリーランスの仕事と養育費とで何とかやっていくしかないと決意し、大幅な収入増は見込めないので、節約して支出を削減することしか私にできることはないと気が引き締まりました。

まずは、生活していく上で必要な出費というものがありますが、それを安く抑えることは基本です。そこで、それまで一番安く抑えていたと思っていたある物を、さらに安く買う裏技を見つけました(⌒-⌒)

大げさかもしれませんが、それをすることで、月々払っていた額が安くなることに成功したのです。

私の場合は、コンタクトレンズ代と書籍代です。

まずコンタクトレンズですが、私は月々定額制のワンデーを使用していますが、足りない時は追加でもらえるという安心感はありましたし、お得だとずっと思っていました。

ですが、毎日使うわけではありませんからね。休日は目を休めるためにコンタクトレンズを入れないことがほとんどなので、余ることはあれど足りなくなることはないのです(-。-;)

そこで、定額制は解約し、眼科で健診はきちんと定期的に受けるようにしました。(ちなみに健診代は保険診療でワンコイン以下の眼科です。)

視力が変わっていなければ、楽天などの安いショップで自分用のレンズを購入することで大幅な節約になります。そして、視力が落ちるなど変化があれば、1カ月分のみ眼科で処方してもらったレンズを使用し、後はそのレンズを楽天で追加購入します。

さらに、私はメガネも併用しているので、コンタクトレンズは夏場ぐらいでいいかなと思うようになり、以前は月々4000円かかっていたのが、今では年間で1万円以下になったんですよ\(^▽^)/

考えなしに、ぼーっと払っていたズホラな私でも、固定費を見直すことは大事だと思いましたね。

そして、もう一つの節約は書籍代です。

仕事や趣味にと、つい買ってしまう本ですが、今は電子書籍に切りかえて、クーポン、ポイントと併用してかなり安く買うようにしました。何も紙の本である必要はないと思う人であれば断然電子書籍がいいと思います。

私の場合は、すべてを楽天にすることでポイントを集めることにしていますので、電子書籍も楽天koboのみを使って他のショップは使いません。

そして支払いはクレジットですが、楽天カードを新たに作ることはなく、それまでずっと使っていたカード1枚のみで全て支払うようにして、クレカ自体のポイントを貯めていますo(^-^)o

そしてポイントが貯まったら商品券などに換えてもらうようにしています。全てを最安値のショップで探すのではなく、ポイントに着目していますので、Amazonの方が安くても、楽天内のショップであえて買うなどする場合もあります。

ポイントは、通常割引がなくて安くならない本などの商品に使い、安く買うことで節約につなげているわけです。